--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.02.27 Fri

躁期恒例作文タイム

立春感

テンプレートいじり楽しすなぁ!
おしゃれっぽい感じをかもしだそうとして失敗してる気がするけど気にしない
こういうミニマルチックなデザインが好きでっす

花粉症
今年は月の始めの方から毎日ヨーグルト摂取作戦で備えた
かかってこいよ!


以下ガチ長文自分語り

自分が自分をコミュ障ダナーだと感じている原因は、持っている情報を人に見せることに抵抗感があるからなんだとわかった。
コミュニケーションの上手な人はごく自然に自分の持つ情報を人に与えてる。
それは趣味の話や、意見、知識や疑問だったり、テレビの話題だったり、流行のネタだったり、とにかく思考の中からなんでも。
こういった自分の持っている情報を誰かに発信する行為は、それを相手とシェアしようという気持ちから生まれる。
それもほとんど無意識に行なわれている。
自分にはそれが真似できなかった。
自分を知られることへの抵抗感は程度の差はあれ誰しも持ってる。
自分の場合は、ひどく自意識を肥大化させてきて、それをこじらせた結果なんだと思う。
コミュニケーションは意思の疎通がすべてだし、そのために自分の考えをオープンにする行為を欠くことはできない。
なのに、相手が意思疎通をはかろうとしてくれても、こちらがセーブしているために、自分だけ勝手にぎくしゃくしてしまうし、相手もそれにつられてしまう。
自己表現が苦手で、自分の考えていることをそっくりそのまま表し切れないことにもどかしさを感じて投げやりになる。
それから変に意識して緊張して、表現することに慎重になって、黙りがちになる。
もしかして意図しない所で相手が嫌な気持ちになるんじゃないだろうかとか、伝わりきらなかったら嫌だから、もっと大げさに表現してみようとか考える。
精一杯自分をよく見せようとしてみるけど、背伸びして、それでかえって疲れてしまう。
そういうことがこれまで多かった。
そういうのがよくなかったんだと思う。
なので一回認めます。
自分が自分の弱い所を人に晒したくないと思っていることを認める。
弱い所って言うのは肥大化した自意識を持つ自分、要するに自分の存在自体なんだけど。
そういう泥くさい自分を晒したくないけど、死ぬほど緊張するし恥ずかしいけど、コミュニケーション取りたいから、どんどんオープンにしていく。
気持ちが勝手にセーブをかけようとする前に、意志の力で感情の抑止力ををねじふせることができるかどうかが鍵だと思う。
自分を認める。自分の持ってる情報を人に与える。てらいなく素直になる。
それだけのことです。
それだけのことをやってのけられるほどの一般人力が自分にはなかった。
それを認めていこう。
この情報を形にすることで一つ自分の持ってるものを明かしたことになる。
そんな感じです。
成長していきたいです。
まだまだ背伸びの癖が残ってるけど、いい塩梅で自然体を出せる感覚を少しずつ掴んでいけたらいいなと思います。
あと純粋にデフォルトの行動意欲ステが低いので気分が明るいうちに色々やれたらいいな!

~おわり~

ハッピーエンド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。